GIGAスクール時代に対応! オンライン学習・授業のための基礎知識とアプリ操作ガイド

■オンライン学習のためのツール「G Suite for Education」「Office 365 Education」「Zoom」の活用方法を解説

学校でオンライン学習・授業を導入したいと考えている教育関係者に向けた内容です。 コンピューターやネットワークに関する基礎知識から、学習・授業に活用できるツールの種類や設定方法まで、分かりやすく解説しています。
オンライン学習で利用されることが多い、グーグルの「G Suite for Education(現:Google Workspace for Education Fundamentals)」、マイクロソフトの「Office 365 Education」、そしてオンライン会議で利用者が急増中の「Zoom」まで網羅。それぞれを比較して、利用環境に合ったツールを見つけることができます。

学校以外の教育機関や、ビジネスの現場でも、オンライン環境を導入する際に役立つ内容です。

「オンライン学習・授業のデザインと実践」の姉妹本です。ぜひ本書と併せてお読みください。


■目次
【基礎編】第1章 オンライン学習・授業のための基礎知識
  第1節 オンラインとは
  第2節 OSとアプリの違い
  第3節 オンライン授業のアプリ
  第4節 インターネットへの接続
  第5節 Webによる接続
  第6節 アカウントとパスワード
  第7節 クラウドとWebブラウザー
  第8節 自作教材の活用
  第9節 まとめ
【操作編】第2章 G Suite for Education 操作ガイド
  01 G Suite for Education を構成するアプリ
  02 G Suite for Education の導入と必要な手続き
  03 オンラインコミュニケーションの実現
  04 教材や発表資料の作成と共有
  05 クラス管理と課題の提供、採点
【操作編】第3章 Office 365 Education 操作ガイド
  01 Office 365 Education を構成するアプリ
  02 Office 365 Education の導入と必要な手続き
  03 オンラインコミュニケーションの実現
  04 教材や発表資料の作成と共有
  05 アンケートのフォームの作成
【操作編】第4章 Zoom 操作ガイド
  01 Zoom を使ってできること
  02 Zoomミーティングを開始する準備
  03 Zoom ミーティングに招待する
  04 Zoom ミーティングを開始する
  05 ブレイクアウトルームの活用

<著者紹介>
赤堀 侃司(あかほり かんじ)
東京工業大学大学院修了後、静岡県高等学校教諭、東京学芸大学講師・助教授、東京工業大学助教授・教授、白鷗大学教授・教育学部長を経て、現在、(一社)ICT CONNECT 21会長、(一社)日本教育情報化振興会 名誉会長、東京工業大学名誉教授、工学博士など。専門は、教育工学。最近の主な著書は、「プログラミング教育の考え方とすぐに使える教材集」(ジャムハウス、2018)、「AI時代を生きる子どもたちの資質・能力」(ジャムハウス、2019)、「オンライン学習・授業のデザインと実践」(ジャムハウス、2020)など。

■書籍情報
書名:GIGAスクール時代に対応!
   オンライン学習・授業のための基礎知識とアプリ操作ガイド
著・監修:赤堀 侃司(あかほり かんじ)
体裁:B5変形判、二色刷、124ページ
Cコード:3037
ISBN:978-4-906768-89-9
発売:2021年3月

¥ 1,870

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

通報する