岸壁採集! 漁港で出会える幼魚たち【「ときめき×サイエンス」シリーズ】

◆2020年12月20日(日)「ダーウィンが来た!」(NHK)で紹介されました!
◆2020年11月10日(火)「教えてもらう前と後」(TBS系)で紹介されました!
◆2020年9月17日(木)「どうぶつな会」(テレビ朝日)で紹介されました!
◆2020年6月6日(土)「裸の少年」(テレビ朝日)で紹介されました!


【このサイトから購入いただくと、特典として
“岸壁採集オリジナル”しおりをお付けしています。なくなり次第終了です】

「岸壁採集」とは、海に入らず漁港などの岸から網を使って魚を採集する方法のこと。時にはリュウグウノツカイやアカグツといった珍しい深海魚の幼魚なども採集でき、釣りとは違った出会いがあります。
テレビでも活躍中の“岸壁幼魚採集家”鈴木 香里武(すずき かりぶ)さんが、自身の豊富で貴重な採集経験をもとに、「魚の赤ちゃん」を見つけるコツやすくい方、使う道具、観察の楽しみ方まで、そのノウハウを惜しみなく紹介しています。
著者撮影の写真とともに紹介している魚は、なんと200種類以上! さらに、情報と共に、QRコードからアクセスして、泳いでいる映像を堪能することもできます。
身近な魚や珍しい深海魚の、成魚とは違う幼魚の魅力を堪能し、新たな海の魅力を発見できる一冊です。"

■注目ポイント
・リュウグウノツカイを採集した著者のノウハウが満載
・網とバケツがあれば、海に入らなくても気軽に採集
・身近な魚から深海魚まで172種類が 豊富な写真で解説!
・ふりがな付き

■目次
序章 岸から出会える海の生き物たち
1章 “岸壁”に海の生き物たちを見つけに行こう!
2章 漁港の生き物&幼魚図鑑
3章 出会った生き物たちの「図鑑」を作ろう! ~観察&記録のススメ~

<著者紹介>
鈴木 香里武(すずき かりぶ)
学習院大学大学院修了。(株)カリブ・コラボレーション代表取締役社長。荒俣宏が主宰する「海あそび塾」塾長。岸壁幼魚採集家。MENSA会員。幼少期より魚に親しみ、さかなクンをはじめとする専門家との交流・体験を通して魚の知識を蓄える。観賞魚の癒し効果を研究する心理学研究者「フィッシュヒーラー」として、トレードマークであるセーラー(水兵)服姿でタレント活動をする傍ら、水族館の館内音楽企画など、魚の見せ方に関するプロデュースも行う。名前は本名で、名付け親は明石家さんま。
著作に、『海でギリギリ生き残ったらこうなりました。』(KADOKAWA)、『わたしたち、海でヘンタイするんです。』(世界文化社)。
Twitter:@KaribuSuzuki

■書籍情報
書名:岸壁採集! ~漁港で出会える幼魚たち~
   (「ときめき×サイエンス」シリーズ④)
著・写真:鈴木 香里武(すずき かりぶ)
体裁:A5変形判(縦180mm×横148mm)、オールカラー、188ページ
ふりがな:全ての漢字
Cコード:0345
ISBN:978-4-906768-81-3
発売:2020年7月

¥ 1,760

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

通報する